酩酊の日々

着物と刀と2次元を愛する妄想の日常
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あの扉絵は保存版 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
吹き溜まり

膨大なネットの片隅で書いていたこの文章たちも、

もはや「強大な流行に取り残された吹き溜まり」

となっています…

どれだけの人が読んで下さるか分からないけど、

書けちゃったものは仕方ねぇ。

浮かんじゃったネタは仕方ないのですよ。

ということで阿ルキ投下。

ちなみに我がPCは、「あ」と打つと、もれなく

「阿」と変換してくれる憎い奴です。こいつめぇ!(褒めている)

 

近所の図書館に松原女史の某小説があったので

ぱらぱらと眺めましたが、やはり女神は可愛かった。

師匠の描くルキアはやっぱり良いなぁとしみじみ…

本文の方は…なんだか、ただのバタバタ劇になってしまっていて、

本当にもったいなく感じています。今でも。

結婚までの手続きが煩雑なのは予測できたことだから、

もっとこう、それぞれの心情をゆっくり書いてほしかった。

まぁ、読むのはルキアファンばかりではないですから、

全方向に受ける内容にしたら、ああなるのでしょうね。

 

鰤が終わって以降、特にハマっている二次元もなく…

あ、思いっきり政次ロスですが。

大河に一喜一憂するのは今に始まったことでないのですが、

あのキャスティングを鰤に変換したら面白いよね…!

と妄想してしまうあたりが、やはりまだ私の脳は

鰤から抜け切れていないのです。

だって直虎って、乙女ゲーの総受け状態と何ら変わらない。

直虎=ルキアとして、小野但馬は恋次ではないし…ギンか!小野ギンだな!

そして龍雲恋次だな!

兄様がなくなった後、ルキアが朽木家当主となる日が楽しみです(にっこり)

(朽木姓を名乗る流れについても、某小説には不満がある)

| かづ | - | 00:06 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:06 | - | - |
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ