酩酊の日々

着物と刀と2次元を愛する妄想の日常
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 水無月に | main | 女神が! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
でもきっと叶わない

いつかはその日が来ると分かっていた、

そしてそれが、そう遠くない日であることも。
でも実際に目の当たりにすると、どうしたらいいのか分からず、

形容しようのない焦燥感に駆られています。


最終章と銘打ってあるし、この話が進むことが、

つまりは終わりを意味するのは分かっていたけど、
まあ鰤のことだし、師匠のことだし、あと1年くらいかかると思っていた。
だって、ここで父親sを出して、ヴァイザード出して、破面出して、
藍染が動き出して、陛下に勝利して、石田親子が和解して、

霊王ってなんだったんだとか、女神に崩玉埋めたのいつよとか、
その後の死神たちと現世を描写して…という風に伏線を全部回収していたら、
少なくとも半年はかかるでしょう?
それを、あと数ヶ月で終わらせようと言うの?!
これって打ち切りだよね?それとも師匠がついに飽きた??

 

終わってしまったら、新たなヴィジュアルが投下されることもない、
新たなストーリーに触れることもない。
あああどうしたらいいの…orz
鰤がない生活、というのが想像できません。


キャラが多すぎると批判されることもあるけれども、
ファンは一人ひとりのキャラを大事にしているんです。
それぞれのキャラの伏線は、公式でちゃんと回収して欲しいんです。

スピンオフでも何でもいいから、細々と鰤を展開して欲しい…
と、呪詛のように呟いております…

| かづ | - | 00:04 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:04 | - | - |
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ