酩酊の日々

着物と刀と2次元を愛する妄想の日常
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
吹き溜まり

膨大なネットの片隅で書いていたこの文章たちも、

もはや「強大な流行に取り残された吹き溜まり」

となっています…

どれだけの人が読んで下さるか分からないけど、

書けちゃったものは仕方ねぇ。

浮かんじゃったネタは仕方ないのですよ。

ということで阿ルキ投下。

ちなみに我がPCは、「あ」と打つと、もれなく

「阿」と変換してくれる憎い奴です。こいつめぇ!(褒めている)

 

近所の図書館に松原女史の某小説があったので

ぱらぱらと眺めましたが、やはり女神は可愛かった。

師匠の描くルキアはやっぱり良いなぁとしみじみ…

本文の方は…なんだか、ただのバタバタ劇になってしまっていて、

本当にもったいなく感じています。今でも。

結婚までの手続きが煩雑なのは予測できたことだから、

もっとこう、それぞれの心情をゆっくり書いてほしかった。

まぁ、読むのはルキアファンばかりではないですから、

全方向に受ける内容にしたら、ああなるのでしょうね。

 

鰤が終わって以降、特にハマっている二次元もなく…

あ、思いっきり政次ロスですが。

大河に一喜一憂するのは今に始まったことでないのですが、

あのキャスティングを鰤に変換したら面白いよね…!

と妄想してしまうあたりが、やはりまだ私の脳は

鰤から抜け切れていないのです。

だって直虎って、乙女ゲーの総受け状態と何ら変わらない。

直虎=ルキアとして、小野但馬は恋次ではないし…ギンか!小野ギンだな!

そして龍雲恋次だな!

兄様がなくなった後、ルキアが朽木家当主となる日が楽しみです(にっこり)

(朽木姓を名乗る流れについても、某小説には不満がある)

| かづ | - | 00:06 | - | - |
あの扉絵は保存版

久しぶりの更新になりました。

女神ロスを引きずっている迷い子が、まだここにおりますよ…

 

卍解時の浦原のゾンビ状態が個人的にエロかったので、

何とかルキア受けに使えないかと画策した結果の小話です。

デ●ルズラ●ンとかフ●ンケンシュタインの●的な感じに

なっちゃったけど、ありがちな設定だけど、でもでも

ルキア受けにしてしまえば、何でも美味しいのです。

(そして三木眞ボイスに変換すると何でもエロい)

 

ちなみに「残さずこぼさず〜」は、我が子の幼稚園で、

給食時にみんなで言っているものです。

なんかエロいよね、と思っていつも聞いていたので、

ここで使えてよかった。(使うな)

 

早速拍手を押して下さった方、ありがとうございました。

次は何を更新しようかな。

次のノベライズが修兵メインだと聞いて、ちょっと落胆しています。

まぁルキアも出てくると思うけど。

前のノベライズがいまいちだったので、不完全燃焼気味です。

 

*拍手お返事*

針子さま

随分前にコメントをいただいていたのに、

お返事&お礼が遅くなり申し訳ありません!!

遺跡巡り、との言葉に苦笑・納得しつつ、

自分のサイトも遺跡になってる…と反省しております…

ルキアを超える女神は見つかりませんねぇ。

仕方ないです、ルキアだもの…。

せめて、来るものは拒まずの閑宿レベルくらいでは

更新したいと思います。また時々のぞいてやって下さい(深々)。

| かづ | - | 00:24 | - | - |
今年は・・・

明けましておめでとうございます。

リアルでは喪中で「あけおめ」を言っていないので、

今ここで初めて言いました。あけおめ!!

 

今年は…何かしら鰤の公式が投下されるといいなぁと思っています。

実写はナシね、実写は除外です。

ゆっくりペースですが、まだサイトを辞めるつもりはないので、

まだぽちぽちと書き繋いでいきます。

 

リアルでは職場が変わるので、慣れんといかんなぁと遠い目をしてみたり…

昨年は、夏にガツンと体調を崩してしまったので、

今年は自分のメンテナンスに気を付けます。ほんとしんどかった!

って、体調って打つと最初に「隊長」と出てくるこのPCは、

本当に私のPCだなぁ、と強く頷いてみたり。

公式が終わり、あちこちのサイト様が閉じられている今、

このPCすら心強い同志となりつつあります。

 

*拍手お返事*

ちひろ様

こ、ここにも心強い同志様が!!私も先日、遂に単行本をブックオフに出しました…

空になった本棚を見て泣き、買い取り価格の安さにまた泣き…

仰るように、踏ん切りをつけなきゃいけない、つけたい、でも…という

もやもやをぐるぐると抱えていました。でもやはり、どこかで自分の納得いく

落としどころを見つけないといけないんですよね(泣)

私も、一ルキと恋ルキは無理です。どちらがいいとか、どちらが認められない、とか

そういう訳ではなくて、ただただ、つらいです。

って、私も何を報告しているのだか…でもちひろ様のご報告はとても嬉しかったです。

ピクモフは登録していないのでまだ拝見していないのですが、

今度ぜひお邪魔させてもらいます!私も創作頑張ります!</終>

| かづ | - | 00:11 | - | - |
秋というか冬

ようやく更新できました。

月末になるたびに、「あああ今月もできなかった…」と

へこんでいたのですが、まあなんとか今月は更新できた。

初夏ネタなのは、初夏に書いていたからです…

いま書いている秋ネタは、真冬の更新になりそう…まぁいいけど。

 

連載が終わったダメージはとくに感じていないのですが、

本家から新しいビジュアルやストーリーが投下されない、

つまり妄想のエネルギーが補給されない、というのは

結構こたえるなぁ、と感じています。

グダグダな展開だったけど、

それでも何かしら刺激を受けていたんだな。

 

今はフルタイムで働いていて、なおかつ家の事もやって、

となると時間もキャパもいっぱいいっぱいなのですが、

他に二次創作欲が刺激される作品もないし、

ルキアを超える女神は見つからないし、

今年中にあと2つはupするぞー!!

| かづ | - | 00:10 | - | - |
秋なので

浦ルキが書きたい熱が高まり過ぎて、いくつか並行して書いています。


9月は、とあるきっかけでギンルキを上梓しまして、
その時に浦原のこともネタとして頂いていたので、それが契機になりました。
清濁併せ飲む、というより、濁と濁と濁を併せ飲んで清を装い笑っている浦原と、
濁と濁を背負って清を保とうとするルキアの、
ぴんと張り詰めた寄り添いが良いなぁと思います。

 

自分でも驚くほど、原作が終わったダメージが少ないです。
元々、原作とは全く別のペースで好きなように書いていたので、
原作云々はあまり関係がなかったのかもしれません。

 

ただ、浮ルキはもう書けないなぁと思っています。
浮竹隊長のあの神代の姿を、もう無かったことにはできません。
それにルキアが隊長になったということは、ルキアにとって

浮竹の死を乗り越えるつらい過程があったはずなので、
もう浮ルキでほのぼのは書けない、というのが正直なところです。
海燕といい、浮竹といい、師匠はルキアに厳しいよね…
恋ルキは…もう公式で認められてしまったしなぁ…
ひょっとしたらスピンオフで夫婦になる過程なんか書いてくれないかしら、
と思っているので、ちょっと二次では書きづらいです。

 

下手したら、年末まで浦ルキが続くかもしれません。

| かづ | - | 23:34 | - | - |
一路邁進

拍手を押してくださった方、コメントやメールを下さった方、

ありがとうございます!
嘆き、怒ったのは私だけではなかったのだ、と慰められる思いです。
私の中で、最終3回くらいは記憶から抹消しました。

萌え袖を除いてね!←大事
あの数週は、別になくても私には問題ないや、と結論付けました。

 

二次創作は続けます。
書きかけのものは終わらせたいし、何より、

私の頭の中では鰤のキャラたちがまだ生きています。
あんな取ってつけたような平和な顔ではなく、
戦って、傷ついて、支えあって、ぎらぎらした顔のキャラたちが生きています。
彼らが私の中で生きている間は、それを文字にして、書き続けようと思います。
って、最近あまり更新できてないので、これは決意表明ですね(汗)

 

*拍手お返事*

 

kokuriko様

 

kokuriko様、お久しぶりですー!
こちらこそご無沙汰していて申し訳ありません、

でもSSはいつも拝読しておりますよ!
足跡を残していなくてすみません…

kokuriko様のコメントを拝見して、逆に

「私は悲しかったんだ」ということに気づかされました。
怒ってるんです、私はずっと怒ってるんです。
でもよくよく考えたら、私は今、とても悲しいんだなと…
ずっとずっと好きで読んでいたバトル漫画の最後が、
あんなおざなりな締めくくりで、作者に裏切られたような、
捨てられたような、とても悲しい気持ちなんだなと…


もったいない期待の言葉を、ありがとうございます!
kokuriko様の菊のコメントに触発されて、中秋ものギンルキを書きました!
以前のように、メール添付でお送りしますので、ご確認ください☆

 

ちひろ様


初めは白ルキ・ギンルキだったのですね!ここにも同志が!
私自身も、二次創作という場があることに救われているところです。
二次を知らずに本誌を読んでいたら、おそらく吐き出す場も

慰められる場もなく、悶々と過ごしていただろうと思います。
まだ、気持ちの整理は全くついていないのですが、ね…
ちひろ様のこれまでと今の詰まったコメントに、私も頷くばかりでした。
これからも都合よく、自分の妄想に忠実に、創作していきたいと思います。
重ねての拍手、ありがとうございました☆

 

 

| かづ | - | 11:43 | - | - |
取り急ぎお返事

ちひろ様

お問い合わせありがとうございます!

残念ながら、通販は終了させていただきました。

サイトに載せたまま&お返事が遅くなり申し訳ありません…!

 

拍手コメントいただいた方、メール下さった方、ありがとうございます!

今週中にお返事致しますので、少々お待ちください!

 

 

| かづ | - | 00:56 | - | - |
さよならを言うために

1、2週間経てばまともな言葉の一つや二つは浮かび、
落ち着いて感想など書くことができるんじゃないか、と思っていた。
2週間経ちました。

 

呪詛しか出てこない。

 

さすがに、直後のあの混乱は収まりましたが、

未だぐつぐつと怒りが湧き上がります。
私は一ルキと恋ルキが同じくらい好きな雑食なので、

一途な方たちとは怒りの重みが違うかもしれないけど、
それでもやっぱり納得がいかない。
最終章のまさに最後の締めくくり、その数回で師匠と編集者

(つまりは本誌の作り手)がやった仕打ちを、私は絶対に許さない。

 

今さらと思われる方もいるかもしれないので、追記にて。

続きを読む >>
| かづ | - | 00:16 | - | - |
女神が!

残り回数が少ないから、テンポよくてカッコよくていいですね!

きっと全国の鰤ファンが思っていると思うんだ。

もっと早く、このテンポでやっていれば、ってね!(泣)

巨人の戦いだとか、そもそも鰻屋だ銀城だとか、

あの辺をもっとコンパクトにしていれば、

この戦闘にもう少しページを割くことができたのに、ってね!(号泣)

 

ただどうしても大いなる不満が残るわけですよ。

最後の戦闘に女神が出てこないってどういうこと…!?

最終章のヒロインが石田なのは分かっているけど、

この場にすらいないって…!?

浦原の「頼みましたよ朽木サン」発言は何だったんスかねぇ…

そもそも、5つの可能性だとかグリムたちの動向とか、

回収されてない話はまだまだたくさんある←もう言うな

 

次回予告があまりにも普通だったので、まだ来週は最終回じゃないよね…

と、祈るような気持ちでいます。

ここまで続いた漫画だもの。最後は賑々しく花道を飾って欲しいです。

んで、別誌で後日談とかスピンオフ(もちろん我らが藍染様)やってほしい。

来週見開きで、藍染様が

「いつから連載終了だと思っていた…?」

とやってくれたら、私は藍染様に額づいて忠誠を誓おうと思う。

 

8月はいくつかupできる予定です。真冬ネタだけどすみません…

 

| かづ | - | 00:31 | - | - |
でもきっと叶わない

いつかはその日が来ると分かっていた、

そしてそれが、そう遠くない日であることも。
でも実際に目の当たりにすると、どうしたらいいのか分からず、

形容しようのない焦燥感に駆られています。


最終章と銘打ってあるし、この話が進むことが、

つまりは終わりを意味するのは分かっていたけど、
まあ鰤のことだし、師匠のことだし、あと1年くらいかかると思っていた。
だって、ここで父親sを出して、ヴァイザード出して、破面出して、
藍染が動き出して、陛下に勝利して、石田親子が和解して、

霊王ってなんだったんだとか、女神に崩玉埋めたのいつよとか、
その後の死神たちと現世を描写して…という風に伏線を全部回収していたら、
少なくとも半年はかかるでしょう?
それを、あと数ヶ月で終わらせようと言うの?!
これって打ち切りだよね?それとも師匠がついに飽きた??

 

終わってしまったら、新たなヴィジュアルが投下されることもない、
新たなストーリーに触れることもない。
あああどうしたらいいの…orz
鰤がない生活、というのが想像できません。


キャラが多すぎると批判されることもあるけれども、
ファンは一人ひとりのキャラを大事にしているんです。
それぞれのキャラの伏線は、公式でちゃんと回収して欲しいんです。

スピンオフでも何でもいいから、細々と鰤を展開して欲しい…
と、呪詛のように呟いております…

| かづ | - | 00:04 | - | - |
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ